FC2ブログ

助太刀① ~助太刀は採用すべきか~

目次
ここでの考察
助太刀の効果
よく使われる助太刀
助太刀は採用すべきか?



20191222.jpg



ここでの考察


 ここでは、助太刀の採用について考察していきます。

助太刀は、相手ターンのアタック時に、自分のキャラのパワーを上げることができる効果です。

キャラ、イベントの両方あります。
キャラの助太刀は色は関係なく使うことができるのも特徴です。キャラなので舞台に置くこともできます。
また、キャラのため手札に戻しやすいというメリットもあります。

イベントの助太刀は色を合わせる必要がありますが、アップするパワーも高めです。



助太刀の効果


基本的なテキストは以下の通りです。
【起】【カウンター】 助太刀1500 レベル1 [手札のこのカードを控え室に置く] (あなたは自分のフロントアタックされているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500)

例に挙げたものは、レベル1コスト0ですが、レベルとコストによって基準が決まっています。

レベルコスト増えるパワー
001000
101500
112500
213000


このパワーの基準値より低い場合は、他に追加効果があります。



よく使われる助太刀


 今の環境で使われる助太刀です。大きく以下の2種類になります。
基本的には、以下に上げる2種類から採用を考えるといいです。

<2000拳>
20191222(1).jpg

上昇するパワーは+1000ですが、特定の特徴のキャラに追加で+1000上げることができます。
そのため、1人のキャラを+2000したり、2人を+1000ずつ上げる使い方ができ、汎用性があります。

特徴参照ですが、デッキは大体特徴で固めていると思うので、使えないことはないでしょう。

特徴以外では、キャラ名を参照する場合もあります。


<2000拳>
20191222 (2)

早出しメタの助太刀です。追加コストを払うことで、早出しのキャラを舞台から追い出すことができます。

追加コストは「手札2枚」や「コスト2+舞台のキャラ1枚を控え室」に送るなどがあります。
コストは重めですが、助太刀でパワーを上げつつ、相手キャラを選んで舞台から退場させることができるため、相手の2面を空けることができます。



助太刀は採用すべきか?


 必ず1枚は採用すべきです。

というのも、相手に助太刀を持っていないことがバレると、相手からアタックされ放題になります。
助太刀を持っていると思わせるだけで、相手はパワーを上げるためのカードやコストを追加で払わせることができます。

勿論、手札に来た場合は助太刀を使うことで盤面アドも取れます。

助太刀で重要なのは抑止力です。相手に見られることがメリットになります。なので、必ず採用しましょう。



まとめ


・助太刀は必ず採用する。
・まずは「2000拳」や「早出しメタ」の採用から検討。
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示