FC2ブログ

初手の手札事故について

目次
ここでの考察
キャラはあるがレベル0が無い場合
非アタッカーのアタック
まとめ


20191221 (3)


ここでの考察


 ここでは、初手の手札事故について考えます。

手札事故と一口にいっても、クライマックスがたくさんくる場合や、後列のキャラのみ、レベル0のキャラが全く来ない等、手札に無い場合などがあります。

ここでは、初手と書いてある通り、1ターン目に手札事故が発生したと考えます。



どうやって切り抜けるのか?


 デッキ初手の手札事故は、構築の時点で事故りやすいか決まります
レベル0の枚数が少なければ、そもそも事故率が上がるため、レベル0の枚数を増やすようにします。

デッキ構築については、ここでは取り扱わないので、トライアルデッキのレベル構成ぐらいになっている前提にします。


<クライマックスが多い場合>
 見えているクライマックスが多いと、ダメージが増えてしまいます。
クロックにクライマックスを置く必要がでてきますが、相手にもバレてしまいます。

どのようなデッキ構築をした場合でも、発生しうる事故になります。

この状態になった場合ですが、ともかくリフレッシュを急ぎます

被ダメージが大きくなりますが、早上がりはしやすい状態のため、盤面アドは取りやすくなっています。
また、ストックにクライマックスが飛ぶ可能性も下がるため、クライマックスの位置も把握しやすいです。

手札交換ができるのであれば、山札を削るキャラ(集中など)や、理想はクライマックスコンボで山札削り+手札増強を行えればベターです。

手札にはレベル1のキャラを持ち、レベル1から展開できる準備をします。



<キャラはあるがレベル0が無い場合>
 クライマックスは見えてませんが、レベル0で出せるキャラが無い場合です。

クライマックスが山札にあるので、集中で手札を増やせる可能性はあります。
ただ、集中を使う場合のコストが確保できていないため、2ターン目までにアタッカー、3ターン目までに集中持ちを手札に加えたいところです。

レベル1に早上がりしたできれば、十分戦えます。
ただ、ダメージキャンセルする可能性はあるため、レベル0でキャンセルし続けると、集中失敗+ストックアド差が広がります。

この場合も、手札にはレベル1のキャラを持っておきます。



非アタッカーのアタック


 非アタッカーを全面に出してアタックするかどうかです。
手札事故が起こっている場合、せっかく引いたレベル0が集中持ちのキャラ1枚だけというパターンがあります。

この場合、集中持ちのキャラでアタックするかどうかです。

自分は集中持ちでも前面に出してアタックする方が強いと思います。

というのも、そもそもコストが無いため集中が使えない点、相手にダメージが入っていない点からです。
「集中持ちだからアタックできない」という考えは弱いと思います。

手札事故の時点で、盤面アドの負けは確定するので、ストックアドの差も広げないように動きたいところです。



まとめ


・手札事故が発生した場合、動き出せるのはレベル1で考える。
・盤面アドは捨てる。ストックとダメージ差は広げないようにしたい。
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示